滋賀の傾斜地にデザイン住宅を

subpage01

滋賀は平野部が多いのですが、傾斜地もあります。
傾斜地は一戸建ての建築が困難ですが、土地としての標高が高くなると水害の危険性が軽減されます。行政の作成しているハザードマップを参考にしながら、水害の危険性の少ない土地を選ぶときに、傾斜地の有効活用を覚えておくと良いでしょう。

なぜならば、デザイン住宅で一戸建てを新築する場合は、傾斜地であっても大胆なデザインによる設計が可能になるからです。滋賀の傾斜地は、地盤さえ良ければ問題ありませんが、もしも地盤に難点がある場合は、地盤の強化を施工します。デザイン住宅では、豊富な地盤強化対策の実例があります。
基本的には盛り土と切り土ですが、さらに地中に砕石を混ぜ合わせます。


砕石の混ぜ合わせは、全体的に広く混入するとコストが高くなり、予算によっては強度が低くなります。


柱状にピンポイントで砕石を投入すれば、部分的であるものの、かなりの強度が備わります。デザイン住宅では、砕石を柱状に投入して、ピンポイントに地盤を強化して、一戸建てそのものを頑丈に仕上げます。



デザイン住宅は予算が高くなる場合が多い一方で、確かな安全性を備えさせられるメリットがあります。

地震対策や水害対策にとって、心強い住まいに仕上がります。



滋賀は三世代が同居しやすい環境でもあるので、高齢者世代の両親の住まいとしても、都市部へ通勤する両親の住まいとしても、学校に通う子供にとっても、共存しやすいエリアです。



デザイン住宅は、それぞれの世代に合わせた間取りの設計にも対応しています。