滋賀で防犯性の高いデザイン住宅

subpage01

防犯カメラを設置したくても、圧迫感が生まれてしまうと、家族や訪問者から不評になりかねません。
見た目に威圧感が生まれないように防犯カメラを設置したいときは、デザイン住宅を検討してみると良いでしょう。

ポイントは、住宅が完成してから防犯カメラを設置するのではなく、設計段階から防犯カメラの設置を想定してもらいます。

滋賀は治安が良好なエリアですが、二世帯同居や三世代同居の場合は、連絡なく訪問してくる人への対策をしておくと安心です。


高齢者世代の両親と同居する場合は、インターフォン越しの会話よりも、カメラ映像を通して相手の顔が見えたほうが安心です。

もちろん、こちらの顔は相手には見えません。
デザイン住宅では、インターフォンを始めとする防犯カメラや監視カメラを複数設置して、室内のモニター画面で一括管理できるシステムを構築できます。訪問者に気づかれないように、さりげなく防犯カメラを設置できるのも魅力です。



完成してから壁に配線用の穴を開ける必要もなくなります。


メンテナンス性にも優れています。

高齢者世代にも、子供にも、暮らしやすい滋賀なので、できるだけ安全に暮らせる環境を整えましょう。

防犯カメラが設置されているだけでも、防犯効果は高くなります。



滋賀では詐欺防止活動も盛んなので、防犯意識の高い住まいは歓迎される傾向にあります。

住宅地に防犯カメラが設置される場合もありますが、防犯カメラを違和感なく設置できるデザイン住宅ならば、家族も訪問者もストレスに感じることなく、防犯効果が得られます。